Mayaユーザー向け Blenderの使い方 その1



お仕事でちょこちょこBlenderを使用する機会が増えてきました。自分用のメモを兼ねて、数回に分けてBlenderの記事を書いていきたいと思います。今回は「Blenderとは?」、「操作方法をMaya仕様に変更する」、「日本語化する」です。


Blenderとは?


Blnderはオランダで生まれた無料で使用できる3DCGソフトです。Windows、Mac OSX、GNU/Linuxに対応しています。本当に無料なの?と思うぐらい高機能でビックリします。Blenderは有料の本格的な3DCGソフトに負けない機能を持ち、世界中の多くのユーザーが利用している素晴らしいソフトです。

Blenderダウンロードページ
WindowsにはInstaller版とZIP版があります。私は解凍してすぐ使えるインストール不要のZIP版を使用しています。

私はMayaがメインツールです。使い始めは勝手が違い戸惑いもありましたが、慣れてくるとBlenderの凄さがわかってきます。Mayaで面倒な作業もBlenderでは楽に出来ることもあります。完全にBlenderに移行しようとは思いませんが、ある程度使用できるようにしておくと作業効率が上がる機会もあると思います。


Blenderの操作方法をMaya仕様に変更する


ますは操作方法をMayaのように変更してみたいと思います。Blenderには3Dビュー上のカメラワークや各種操作方法を、Mayaでの操作方法に近づける機能が搭載されています。まったく同じ操作方法にはなりませんが、この設定をするだけでMayaから移行しやすくなります。

(WindowsのZIP版でご紹介します、バージョンはBlender 2.78cです)


  • ダウンロードページよりWindowsのZIP版をダウンロードして解凍します。フォルダの中の「blender.exe」をダブルクリックすると、Blenderが起動します
  • 起動すると中央に画像のようなウインドウが表示されます。Interactionの横にある項目から他の設定方法に変更することができます。
  • デフォルトではBlenderです、ここをMayaに変更します。
  • このウインドウ外をクリックすれば、このウインドウは消えます。

 

以上で終了です。
3Dビューを操作してみましょう。Mayaのように操作できることが確認できると思います。続けてBlenderを日本語表記に変更してみたいと思います。



Blenderを日本語化する


Blenderはデフォルトでは英語表記です。私のように英語が得意でない方は日本語化した方が使いやすいと思います。
以下、手順になります。


  • 「File /User Preferences...」をクリックしてPreferencesウインドウを開きます。ショートカットは Ctral + Alt + Uです。
  • 一番右の「System」タブに移動します。
  • 右下の方にある「International Fonts」にチェックを入れます。※チェックを入れるまで「International Fonts」以下の項目は非表示になっています。
  • 「Translate」の項目に3つのボタンがあり、日本語化する要素を選択することができます。【Interface】【Tooltips】をクリックしてこの2つを日本語化してみましょう。※【New Data】は思わぬエラーが起きる可能性があるので、英語のままがいいそうです。


  • 最後に左下の方にある「ユーザー設定の保存」をクリックしましょう。これをクリックし忘れると、Blenderを再起動するとこれまでの設定が元に戻ってしまいます。


以上で終了です。


まとめ


ここまでの設定すると、Bldenrを日本語表記でMayaのような操作方法にすることができます。次回は自分が躓いた箇所をご紹介したいと思います。


≫Maya関連記事 もくじへ
≫トップページへ

2017年03月28日