WindowsOSの64bitと32bitについて解説



今の主流は64bitの方です。
数年前のWindows XPの頃はまだ32bitが主流でした。

32bitと64bitという用語はコンピューターで情報が処理される方法を示しています。
違いを簡単に説明すると、64bit版の方が32bit版に比べてメモリを沢山搭載でき処理が高速です。

パソコンを購入するときにどちらにしようか迷ったことがあるかも知れません。
Windows8を例にあげると32bit・64bit版の2種類から選ぶことができます。
特別な理由がないのであれば今主流である64bit版をオススメします。


bit(ビット)とは?


数値の後についている「bit」ってなんだろう?と気になる方もいるかと思います。
「bit」はコンピュータが扱うデータの最小単位のことです。

外付けハードディスクを買うときに「2TB」や「500GB」のように書かれているのを見たことはないでしょうか。
このTB、GBもデータ容量の単位です。

下に行くほど大容量になります。
以下の中では1bitが一番小さくて、1TBが一番容量が大きくなります。
※TB以上の単位もありますが割愛しています

1bit(ビット)
8bit=1B(バイト)
1024B=1KB(キロバイト)
1024KB=1MB(メガバイト)
1024MB=1GB(ギガバイト)
1024GB=1TB(テラバイト)

32bitより64bitの方が容量が大きいので、より多くの情報が処理出来ると考えるとイメージしやすいかもしれません。


64bitか32bitの確認方法


Windowsのバージョンが32bitか64bitか分からない場合は以下の方法で簡単に確認できます。(Windows8.1の場合です)

キーボードの「Windows」キーを押しながら「x」キーを押します。
表示された一覧の中から「システム」を選択します。



このようなパソコンの基本的な情報が書かれているページが表示されます。
システムの種類の箇所に書かれているので確認してみましょう!


Program Files(x86)とは?


64bit版のWindowsを使用していると、「Program Files」と「Program Files(x86)」を発見して戸惑ったことはないでしょうか。
WindowsOSに64bit版と32bit版があるように、ソフトにも64bit版と32bit版があります。

「Program Files」は64bit版のソフトをインストールするフォルダです。
「Program Files(x86)」は32bit版のソフトをインストールするフォルダです。

「x86」という数字に見覚えないので混乱してしまいますね。
64bit版のWindowsOSは、64bit版と32bit版のソフト両方インストールできます。
そのためこのような仕様になっているそうです。


≫その他いろいろ もくじへ
≫トップページへ

2016年12月01日