Maya-テクスチャの自動更新、自動リロード



3Dモデルのテクスチャを描く作業は確認のため、ペイントや画像加工ソフトと3Dソフトを行ったり来たりすることが多いと思います。
私はPhotoshopでテクスチャを書いて保存し、Mayaに戻って手動でリロードしていました。
この作業を何度も繰り返すのはなかなか煩わしいものです。

なんで自動更新してくれないのだろう?と思っていたら2014か2015からその機能が搭載されていたようです。
この機能はデフォルトではオフになっています。
(デフォでオンになっていてもいいような気もしますが…)


Mayaでテクスチャの自動更新の設定方法


この機能を使用したい方は以下の手順でオンに切り替えることができます。
操作は簡単です。



  • プリファレンスウィンドウを開きます。
    (ウィンドウ ≫ 設定/プリファレンス ≫ プリファレンス)
  • 「設定」カテゴリの中の「ファイル/プロジェクト」に移動します。
  • 下の方に「イメージファイル」の項目があるので、「更新されたイメージファイルを自動的にリロード」にチェックを入れます。


これで終了です。
テクスチャーが自動更新されるようになります。


≫Maya関連記事 もくじへ
≫トップページへ

2016年12月12日